みんなの為のリーグ戦を作ろう♪

上手いヘタに関係なくフッボールを愛する老若男女全員が長期リーグ戦を満喫できる環境を整えることこそ、日本代表がW杯で優勝するための最短距離だと思いませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

規約16:リーガ運営ノウハウの蓄積

最も重要なのは、長期リーグ戦の運営の効率化だ。これ抜きでは“みんなの為のリーグ戦”は絵に描いた餅で終わってしまう。

最初の一歩は、実験的にどこかの地域のひとつのカテゴリーで“みんなの為のリーグ戦”を実施することだ。

そして、その実験で得たノウハウをドンドン蓄積し、最終的には“長期リーグ戦らくらく構築・運営マニュアル”を作成し、全国のあらゆる地域、あらゆるカテゴリーでより効率的にリーグ戦を導入できるようにサポートする事が大切だ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 初コメントですね・・・恐縮っす。リーグを運営するにあたって重要なことは「続けていく事」だと思います(リーグがなくなれば大元の目的である”試合をする”ことができなくなりますので)。そして長く続けていくためには「続けやすい仕組み」を作ること。特定の個人に大きな負担のかからない運営方法。簡素な運営が必要ではないでしょうか。そのために、「これいいなぁ」という部分も目をつぶってそぎ落とさざるをえないのではないかと。

 例えば・・・規約15の選手データの蓄積についてなんですが、確かに個人記録があればこれをツマミにあーだこーだと話に花が咲くこととは思いますが【ゴール数、アシスト数、試合出場数、ポジション、プレー時間など】これを集計するには結構な手間がかかると思います。特に規約8の最後にある【一度ベンチに引き下がっても再び出場できる。】ルールを採用すればプレー時間数の集計は・・・。アシストの判定は・・・。ゴール数、出場試合(試合当日に他チームと交換されるメンバー表に載ったらカウント)ぐらいが現実的なところではないでしょうか。まだまだ贅肉のついた素案だと思いますので、とりあえず手当たり次第で申し訳ありません。

 より多くの人にサッカーを楽しんでもらうためのリーグに11条の協会登録云々も必要かどうかとも思ったり・・・小から高校生の年齢別の確認のためにいるんですかね?社会人である私の身の回りでは協会登録した人なんてのはいませんが(4級審判は別にして)みんな楽しんでいます。怪我等に備え、チームの決め事としてスポーツ安全保険には全員に加入は義務付けさせてもらっていますが。・・・すいません、長々と失礼しました。

カタヤマ | URL | 2007年09月27日(Thu)06:05 [EDIT]


初コメント、ありがとうございます!

カタヤマさん、記念すべき初コメントありがとうございます!
カタヤマさんがおっしゃるとおり「続けることに意義がある」と私も思っているので、どうにかして「続けやすい負担の少ないシンプルな運営手段」を構築したいですね。

ご存知のとおり、まだまだ贅肉だらけなので、ダイエットのために今後とも色々とアイデアを出して下さいますと幸いです。

今後ともよろしくお願いいたします。

Cruyfista | URL | 2007年09月28日(Fri)13:21 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。